リダイレクト

リダイレクト とは

とあるレンタルサーバーを利用してサイトを運営していたとして、何らかの事情で別のレンタルサーバーにサイトを丸ごと移したいという時もあります。
この時に、元のレンタルサーバーが用意したドメインをサイトで利用していた場合、別のレンタルサーバーに変更すると、そのサイトのURLが変わってしまい、今まで使用していたURLを指定してもサイトが表示されないなどの問題が起こります。
この問題を解決するのがリダイレクトで、設定をしておけば、以前のURLを指定した場合でも自動的に移転先URLに移動し、今までどおりにサイトを表示させることができるという、とても便利な仕組みです。
その他に、サイト内の特定のページを別のディレクトリに移動させた場合にも、リダイレクトによる転送が活かせます。

リダイレクト のお役立ち情報

リダイレクトを設定方法には、HTMLのhead要素にmetaタグを記述するものと、JavaScriptやPHPなどのプログラムで行うもの、そして.htaccessファイルに記述しておくものとあります。
この中でもmetaタグの方法は簡単ですが、検索結果に影響を与えるドメイン情報を引き継げなかったり、スパム扱いをされてしまう場合があるため、サイト内部におけるリダイレクト以外では、あまりお勧めのできる方法ではありません。
一般的によく利用されているのが.htaccessファイルに記述を行うリダイレクト方法で、この方法であれば簡単な記述のみで移転前のドメインの年数や評価を新しい方に引き継ぎが行え、検索エンジンにサイトの移転を正しく知らせることができますので、検索順位を下げる危険性が少ないというメリットがあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績