リッチスニペット

リッチスニペット とは

リッチスニペットとは、インターネットのユーザーが検索エンジンで検索をした場合に、その検索結果の下部に表示されるごく短いテキストのことをいいます。「スニペット」とは「断片」を表す英単語であり、文字通りこの「リッチスニペット」には、該当するウェブページの概要説明や、住所、郵便番号、日時や期間、評価(ユーザーレビュー)などといった、ページの内容の要点がひと目でわかるような項目が含まれています。このリッチスニペットを表示するには、一般には「構造化データ」と呼ばれるものが用いられているため、microdataややmicroformatsなどの書式をもって、表示したい要素をあらかじめhtml内でラベル付けしておく必要があります。

リッチスニペット のお役立ち情報

検索エンジンによる検索結果にリッチスニペットを表示させることができれば、通常の検索結果よりもユーザーに発見されやすくなるため、SEO(検索エンジン最適化)対策としても有効です。ただし、このmicrodataの書式は、レビュー、人物、商品、会社と組織、レシピ、イベントなどのさまざまなタイプにわかれているため、microdataによってラベル付けをするウェブサイトが、そのいずれのタイプに属するかをあらかじめよく検討しておく必要があります。例えば、イベント情報を主に取り扱うサイトに「レビュー」のタイプを適用してしまうと、肝心のイベントの期間や時刻をhtml内でラベル付けすることができなくなってしまい、結果としてリッチスニペットとしても適切に表示されなくなります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績