リマーケティング広告

リマーケティング広告とは

リマーケティング広告とはインターネット広告における表示手法の一つで、過去に広告主のウェブサイトを訪問したことがあるユーザーを対象に、ウェブ検索を行った際などの任意のタイミングで再び広告主のウェブサイトへの訪問を促す広告を表示させる機能のことをいいます。
リマーケティング広告は広告を表示させるユーザーをあらかじめ絞り込むことができるため、不特定多数のユーザーを対象にインターネット広告を表示させる従来の手法よりも効率的にユーザーのウェブサイトへの訪問を促すことが可能となるため、インターネット広告を運用する上での費用対効率のアップを期待することができます。
なお、リマーケティング広告はCookieの訪問履歴を利用してユーザー(ターゲット)の追跡を行うことから、リターゲティング広告という名称でも呼ばれています。

リマーケティング広告のお役立ち情報

不特定多数のユーザーを対象とした従来のインターネット広告とリマーケティング広告を比較した場合、両者はそれぞれ異なる特性を持っているため、それぞれメリットとデメリットが存在します。
例えば、単純に広告主のウェブサイトへの訪問者数を増やしたい場合や、広告主のブランドの認知度を上げたい場合などにおいては、従来の不特定多数を対象とした広告のほうがメリットは大きくなりますが、こうした手法は多くのユーザーへアピールする効果は大きい一方で必ずしも商品の購入やサービスの利用へ繋がるとは限らないため、リマーケティング広告と比較した場合にはコストが収益に見合わないケースも多くあります。
ただし、ユーザーの中にはリマーケティング広告によって何度も同じ広告を見せられたり、追跡されることに不快感を覚える人もいるため、リマーケティング広告がマイナスイメージを与えるケースがあることも留意しておく必要があります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績