リンクポピュラリティ

リンクポピュラリティ とは

リンクポピュラリティとは、「参照重要度」とも邦訳されるもので、ある特定のウェブページが他のページから受けているリンク(被リンク)の質と量によって判断される、そのページの重要度のことをいいます。このしくみを採り入れたものとして有名な指標に、大手検索エンジンGoogleの「ページランク」があります。このリンクポピュラリティの概念は、他からのリンクをそのページを支持するという一種の人気投票への投票があったものと解釈して、より質が高く、より多くの数のリンクを獲得したページは、より高い支持を受けているものと判断するというものです。この考え方では、単にリンクの数が多ければよいのではなく、信頼性の高いページからのリンクのほうが、より価値が高いものと判断されます。

リンクポピュラリティ のお役立ち情報

リンクポピュラリティによってウェブページの重要性を判断するしくみとしてGoogleの「ページランク」があり、ランクの数字が高いほどページの評価は高く、その最低値は0、最高値は10となっています。新設されたページなどは、一時的にページランクが付いていないこともあります。この数値は固定されたものではなく、数か月ごとに評価がし直されて、ランクが上下することがあります。また、ランク0とランク1のリンクポピュラリティの差と、ランク7とランク8の差とは同じではなく、対数尺度的な差異があるとされています。したがって、ランク0からランク1に上昇するのは容易ですが、ランク7からランク8に上昇するためには、質の良いリンクを大量に獲得しなければならないということになります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績