リードジェネレーション

リードジェネレーションとは

商品やサービスは求められて初めて購入されますし、様々な商品を提案するのは宣伝方法の一つです。
リードジェネレーションは商品購入やサービスの利用が行われる可能性が有る人に的を絞り、個人情報を提供された人に対して企業側からアプローチします。
会員登録や資料の請求は個人情報を取得する機会になり、企業側にとってリードジェネレーションを行いやすくなるのです。
イベントの参加やアンケートの回答も個人情報を取得する手段になり、アプローチに必要な情報が手に入る機会になります。
契約が見込めそうな人にアプローチを行いますが、一方的なリードジェネレーションによる売り込みは逆効果に繋がるので注意が必要です。
インターネットでのショッピングが普及して、ネットでのリードジェネレーションを行う企業が増えています。

リードジェネレーションのお役立ち情報

契約の見込みが有る人は同業者にとっても魅力的ですが、デメリットを感じるアプローチは契約のチャンスを失います。
リードジェネレーションを意識し過ぎての個人情報取得も、警戒感を抱かせては逆効果で成功とはかけ離れているのです。
最終的な目的は可能性の有る人との契約で、商品やサービスを利用して貰い顧客を獲得する事に有ります。
見込みが有る人達を見つける事と個人情報を提供して貰う手段、そして商品やサービスに興味や魅力が感じられる事が重要です。
ただ興味が有る段階で契約を迫るのはタイミングを誤っていますし、リードジェネレーションとして正しいとは言えないのです。
メリットよりもデメリットが大きくなれば契約には繋がらないので、順序の有るアプローチで契約に繋げて行く事を考えます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績