レクタングル広告

レクタングル広告とは

ウェブサイトの記事の脇や上部、もしくは下部に広告が表示されることがありますが、これら広告の中でも正方形に近い、比較的大きなサイズで表示されているものをレクタングル広告といいます。
レクタングルは長方形の意味を持ちますので、横長や縦長サイズの広告をことを指すのが本来の使い方ともいえそうですが、現在においては、縦長の大きな広告ものはスカイスクレイパー広告ということが多くあります。
レクタングル広告は大きく目立つため、テキストや画像だけでなく、動画による広告を表示するケースもよく見られます。一般的には、300×250ピクセルがレギュラーサイズとされており、正方形に近くてもサイズが小さなものは、単にバナー広告といわれることがあります。

レクタングル広告のお役立ち情報

ウェブサイト内に表示させる広告は、そのサイトのデザインを壊さないことが前提にはなりますが、できるだけ目立たせることが重要になります。
それを考えると、大きなレクタングル広告は最適なサイズとされており、ウェブサイト用広告として頻繁に利用されています。
ページの記事の最後にレクタングル広告を表示するのが有効ですが、訪問者は必ずしも書かれている文章を最後まで読むとは限らないため、むしろ記事の始まる前や、タイトルのすぐ下に表示させると訪問者に見てもらえる確率が高まり、よい結果をもたらす場合が多いです。
また、レクタングル広告に表示する内容は、テキストよりも画像の方がインパクトがあり、クリックされる確率が高いといわれています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績