レスポンスデバイス(response devise)

レスポンスデバイス(response devise)とは

レスポンスデバイス(response devise)とは、広告を見たお客様の反応・反響を受け付けるための手段や仕組み・装置のことです。
自社のウェブサイトで商品・サービスを紹介するときには、商品・サービスの購買や資料請求、問い合わせなどのコンバーションを受けることが最終的な目標なので、
商品・サービスを紹介するウェブサイトには、お客様が思い立ったときにすぐに行動に移せるように電話番号・FAX番号、メールアドレス、店舗の住所などの情報がレスポンスデバイス(response devise)としてサイト上に掲載されています。
特に、ウェブサイトのレスポンスデバイス(response devise)には、ウェブサイトから直接商品の注文ができる問い合わせフォームやショッピングカートなどの利便性の高いものが多く、これらを駆使して広告のコンバーション率を高めています。

レスポンスデバイス(response devise)のお役立ち情報

自社の商品・サービスの広告のコンバーション率を高めるためには、レスポンスデバイス(response devise)を工夫することが大切です。
たとえば、サイト上に電話番号やメールアドレスを掲載しても、連絡先がなかなか見つからないと問い合わせを諦めてしまう場合があるので、レスポンスデバイス(response devise)となる情報はできるだけ目立つように色や大きさ、配置などを考えて掲載することが大切です。
受付時間の記載がないと深夜の問い合わせをためらう人もいるので、「メールは24時間受付中」というように明示しておきましょう。
また、お客様の中には手間がかかるのを嫌う人も多いので、問い合わせフォームやショッピングカートなどのお客様の負担の少ないレスポンスデバイス(response devise)を用意しておくことも有効です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績