レベニューシェア

レベニューシェアとは

レベニューシェアは、企業同士が契約して、特定の事業で得た利益を、事前に規定したルールを元に配分する事です。これはビジネス提携の一種で、委託した契約とは異なり、レベニューシェアは事業における様々な損出なども分け合いながら、ビジネスを推進していくものです。
具体的には、オンライン上でのサービス提供があり、このビジネスで使用するインフラを構築して得た収益などを配分するものがあります。この事業を展開する際に、システムを依頼して開発する場合には、開発に係わるコストや、そのシステムの運用方法など、レベニューシェアは開発から運営にかかわる全ての工程について相談しながら、プロジェクトを推進していく事になります。

レベニューシェアのお役立ち情報

レベニューシェアという手法では、より低価格で高額なシステムを導入することが出来るもので、複数のクライアントがそのシステムから得た収益の一定の割合を、システム提供側に支払うことが必要となっています。これは事業で損出をこうむるような場合でも、個々のダメージ負担は少なくなるものです。また、事業が成功すれば、システム提供側は継続的に一定の収益を得ることが出来ることになるのです。
このレベニューシェアにより、ビジネスにおける収益をクライアントと企業が分配することで、クライアントとしてはシステム導入時の初期的なコストを抑えることができ、企業側にとってはそのシステムの生み出す収益により継続的な利益となる事もある為に、運営に関連するクオリティを一定に維持しながら、サービスを消費者へ提供する事が出来るようになります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績