ロケーションベースマーケティング

ロケーションベースマーケティングとは

ロケーションベースマーケティングとは、インターネットユーザーの位置情報を連動させて、ユーザーの現在地から地理的に最適となる情報を配信するマーケティングの手法のことをいいます。現在ではインターネットに接続する手段としては、パソコンのほかにも携帯電話やスマートフォンなどがありますが、こうしたモバイル向けの端末では、ユーザーの位置情報が容易に特定できるようになっています。この特性を利用して、例えば現在地から最短となるレストランの広告を選んでウェブページ上に表示するようにすれば、ユーザーがそこで食事をする確率が高まり、従来型の広告よりも効果が上がります。スマートフォンなどのほか、カーナビゲーションシステムでも、GPSによって車の近くの沿道店舗などを表示させるようにしたものがあり、ロケーションベースマーケティングの一例として、比較的古くから行われています。

ロケーションベースマーケティングのお役立ち情報

ロケーションベースマーケティングは、ユーザーに対して画一的な情報の提供とはならずに、必要なときに、必要な場所の情報を提供できるという大きなメリットがあることから、マーケティングの手法としてはたいへん優れたものといえます。その一方において、SNSによって発せられた情報の断片をつなぎあわせて現実の住所を突き止め、ストーカー行為に及ぶといった問題も現代では生じていることから、位置情報そのものも個人情報として保護されるべきではないかとする考えもあります。このため、ロケーションベースマーケティングとして具体的な位置情報を活用するにあたっては、ユーザーを個人として識別せず、匿名で情報を収集してサービスに反映させたり、別に個人情報が必要な際にはその都度ユーザーの同意を求めるといった配慮も必要となります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績