ロスリーダー

ロスリーダーとは

皆さんはロスリーダーという言葉をご存知でしょうか。これは集客数を上げるため、収益・採算度外視して極端な低価格で販売する目玉商品を指しています。
確かに目玉商品だけでは、採算が全く取れないかもしれませんが、他の製品と合わせて購入することで、採算を取ることが可能です。例えばファーストフード店で飲み物無料とした場合、大抵の人は飲み物だけではなく食べ物も一緒に頼みます。ロスリーダーによる収益の確保というのはそういう形で行われます。
また、これまで店を訪れたことのない方がそれを契機に店を愛用するという事もあり非常に有効な方法と言えるでしょう。そのため、この方法はマーケティングの現場において、度々使用されてきました。

ロスリーダーのお役立ち情報

ロスリーダーがマーケティングにおいて、非常に有効な手段であるということは上述から理解いただけると思います。
これがWebマーケティングであれば、ロスリーダーはどうでしょうか。
結論から言うとWebマーケティングにおいても極めて有効な手段となります。ロスリーダーとなる採算度外視の商品をサイト上の一番良く見える位置に配置することでサイト上の訪問客を増やし、対象製品と他の利益が出る製品を販売します。
これを行う上で重要な点は何を売りたいかということです。それを意識した上で、ロスリーダーとなる商品に関連する、あるいは連動する商品であれば、売れ行きも大きく変わることでしょう。
ロスリーダー戦略で集客率を上げ、利益を上げる点は今も昔も変わりないようです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績