ロングテール理論

ロングテール理論とは

商品と販売数の関係を示すグラフで、縦軸に売上数、横軸に売上が多い順に商品を並べてみます。すると、余り売れない多くの商品を示すグラフが長い尾のように横に伸びていきます。この部分を「ロングテール」と呼び、従来であれば売れないいわゆる「死に筋」のニッチ商品でした。ところが、「ロングテール理論」はこのニッチ商品に光を当てたのです。店舗型の販売であれば、「ロングテール」は店頭に並べたりするとその分売れ筋商品を展示できなくなり、保管するにもにコストがかかり、早く「処分」すべき対象でした。しかし、ネット販売なら売れ筋商品もニッチ商品も同じく「展示」でき、保管は地代が安いところを探せばよいわけです。このようにニッチ商品の活用を唱えたのが「ロングテール理論」なのです。

ロングテール理論のお役立ち情報

自分の好きな商品をお店で捜すことを考えてみましょう。その店の品揃えが豊富であればあるほど好みの商品を探し当てられる確率は高くなりますが、逆に捜す時間は長くなります。探す過程をショッピングの一環として楽しめる人ばかりではありません。
 しかし、ネット販売ならどの商品も同じように捜すことができます。ロングテール理論を応用すれば、売れ筋の商品と一緒に「陳列」することにより、何年かに一つしか売れない商品であっても利益を上げることができるのです。ここで重要となるのは、売れ筋商品とニッチ商品をうまく配列してニッチ商品も目立つようにする(検索上位に来るようにする)ことでしょう。そうしなければ、普通の店舗と同じくニッチ商品はいつまでも目立たず、「ロングテール理論」も生きない結果になります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績