価格弾力性

価格弾力性とは

商品やサービスには価値が有る事で需要に繋がり、価格や内容とのバランスを見て購入されます。
価格弾力性は価格の変化と需要の変化から数値を求められ、価格と需要のバランスで表されます。
価格の変化に伴った需要の変化が大きい事を弾力性が大きいと言い、価格が変化しても需要があまり変わらない事を弾力性が小さいと言うのです。
通常では生活必需品の価格弾力性は小さく、贅沢品は価格弾力性が大きいと言われています。
顧客の立場や状況によっても価格弾力性は変化しますから、価格弾力性で全てを表せるとは限らないのです。
新しく使うのに学習が必要な製品の場合は、メーカー間の価格差が小さい類似製品への乗り換えを行う事は少なくなります。

価格弾力性のお役立ち情報

価格の変化にあわせた需要の変化を見る事は重要で、価格弾力性は一つの目安として大切です。
小さなコストの変化で有っても大きく膨れ上がれば価格に直結しますから、需要の変化による利益の変化を考える事が求められます。
コストカットの取り組みは様々な業種や現場で行われていますし、価格の変化は顧客の心理に影響を及ぼし利益の変化に繋がります。
価格弾力性を知る事は価格の変更に伴う需要の減少を予測出来て、コストカットと価格変更のバランスを取る事が出来るのです。
商品の値上げは顧客の消費に影響を与え、増税や所得の変化も利益に関わる重要な要素と言えます。
価格と需要の変化に対して柔軟に対応出来る事は、長期的な経営を考える上で大切な事なのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績