個人情報保護法

個人情報保護法とは

社会の情報化に伴い、コンピューターやインターネットを通じて個人情報が大量に処理されるようになりました。IT社会では、一旦間違った使い方をされた個人情報は、取り返しのつかない被害を及ぼす恐れのあることから、有用性に配慮しながらも個人の人権や利益を守ることを目的とした法律「個人情報保護法」が平成17年4月に施行されました。個人情報保護法の対象となるのは、体系的に整理された個人情報を5000件以上持つ企業です。個人の住所、氏名、生年月日、電話番号の他、本人を識別できる映像や音声、他の情報と照らし合わせて個人を特定できるメールアドレスやIDも個人情報です。これらの個人情報が、検索できる状態であれば、体系的に整理されていると見なされます。

個人情報保護法のお役立ち情報

個人情報保護法では、個人情報取扱事業者にさまざまな義務を課しています。まず、利用目的を具体的に特定し、公表しなければいけません。サイト上で懸賞などの応募受付をする場合には、ユーザーが必ず目にする位置に利用目的や管理責任部門の名称や連絡方法などを掲載します。また、個人情報の安全管理のために、組織的・技術的対策を行うことが求められています。さらに、本人の求めに応じて、保有個人データを通知し、訂正や利用停止などの処置も行います。苦情処理も迅速かつ的確に行う必要があります。
個人情報保護法に違反した場合には、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金の刑事罰が課せられるとともに、漏えいした個人情報の本人からの損害賠償民事訴訟のリスクが発生します。企業は、このようなリスクを回避するためにも個人情報保護法を確実に遵守する体制を作る必要があります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績