入札単価

入札単価とは

リスティング広告は、検索エンジンなどの検索結果のページに表示される広告のことです。このリスティング広告は、検索された言葉と関連性の高い広告が表示されるため、効果的にアピールすることができます。この広告はクリック課金方式が中心となっており、広告主はそのクリックされた回数に応じて料金を支払うことになりますが、この単価を決めるのが入札単価です。このリスティング広告では、検索された言葉に応じて関連性の高い広告が表示されるのですが、複数の広告主が同じキーワードで広告を出すことが多く、これらをオークション形式で広告主が入札し、その単価の高い広告が優先して表示される仕組みです。そのため入札単価を適正に定めることで効果的に広告を表示させることができます。

入札単価のお役立ち情報

リスティング広告の入札単価は、低すぎると殆ど表示されないということがあります。もちろん入札単価を高く設定すればそれだけ多くの広告が表示されますが、それが実際のクリック率に直結するとは限りません。いずれにしても費用対効果を十分に発揮させるには、広告の表示回数とその広告のクリック率を知ることが重要になってきます。
一般的には入札単価の適正価格を知る方法としては、その入札単価を少しずつ上げいく、または下げていき、表示回数とクリック率の変化をデータ分析します。また表示されるからといってクリックされるわけではないので魅力的な広告作りも重要ですし、クリックされたからといって広告主が求める商品の売り込みにつながるとは限りませんので、このあたりのデータもリスティング広告の効果を知るために重要になってきます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績