内部リンク

内部リンク とは

内部リンクはサイト内部でのリンクであり、内部アンカーテキストとも呼ばれているものです。
因みに、ホームページには他のウェブサイトなどからのリンクも有るのですが、このリンクは外部リンクと呼ばれるもので、自らのウェブサイトの中には、他のウェブサイトからのリンク有るのか否かと言うのは解りません。

しかし、内部リンクと言うのはリンク元と言うものがあり、サイト内部を辿る事でリンクが行われている事が明確になるのが特徴です。

尚、この内部リンクはブラウザの中に有る文字列をクリックする事で、リンク先のページやリンク先の位置に画面を切り替える事が出来る機能であり、ウェブサイト全体のリンクを表すサイトマップなどでも利用されているのが特徴です。

内部リンク のお役立ち情報

内部リンクは検索エンジン最適化において効果を高める一つの要素とも言えます。
検索エンジンは、対象となるウェブページにたどり着くと、HTML文書を先頭行から読み込み、文書内にあるリンクを見つけると、他のウェブページを巡ることが出来るからなのです。

一つのウェブサイトに10個のウェブページが有る場合、内部リンクが何もないHTML文書の場合は、最初に読み込んだウェブページを巡るだけで終了してしまいます。
しかし、ウェブページの中に内部リンクが設けられている事で、そのリンクを検索エンジンは辿りますので、10個全てのウェブページを巡ることも出来るのです。

これは検索エンジン最適化において重要な要素であると同時に、ウェブページに訪れた人に対してのユーザビリティを向上させる2つの効果を期待する事が出来るのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績