内部要因

内部要因とは

ウェブページの記述言語でもあるHTML文書は、内部要因における対策を講じる事で検索エンジン最適化に有効とされます。
この内部要因と言うのは、HTML文書が正しく記述されているか、キーワードが適切に盛り込まれているか、ユーザビリティを考慮した形で適切なリンクが設けられているのかなど、HTML文書内部の対策の事を内部要因や内部対策と呼んでいるのです。

検索エンジン最適化は、検索エンジンがウェブページを先頭行から読み込みを行い、ウェブページに記述されている情報を取得することで、検索結果のページ上で上位表示が可能になるのですが、内部要因における対策は検索エンジンが対象となるウェブページを読み込んだ際に、HTML文書内に有るリンクを辿り、他のウェブページを周回する事からもサイトマップなどを設けておくことで評価を高める事が出来るとしているのです。

内部要因のお役立ち情報

検索エンジン最適化には、HTML文書内の内部要因の対策と、他のウェブサイトからの被リンク対策でもある外部要因の対策の2通りが必要になります。
この内、HTML文書内の内部要因の対策では、HTMLが正しく記述されている事が基本なのです。

ウェブ技術などの仕様を策定している非営利団体でもあるW3Cが策定した仕様に基づいてHTMLの記述が行われている事がベストであり、仕様との照合を行い間違いが無いか否かを確認する事も内部要因における対策の一つでもあるのです。

また、検索エンジン最適化ではキーワードを文書内に盛り込む事が必要であり、中でもHTMLタグのtitleタグにキーワードを含めて上げたり、alt属性の代替テキスト部分にキーワードを盛り込むことなどの対策を講じる事で、検索エンジン最適化の成果を高める事が出来るのだと言われているのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績