割れ窓理論(Broken Window Theory)

割れ窓理論(Broken Window Theory)とは

割れ窓理論(Broken Window Theory)はアメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが提唱した説で、軽微な犯罪を放置すれば凶悪犯罪を招くと主張しています。一枚の割れた窓が放置されていると、地域の住民が犯罪に無関心だと思われ、軽犯罪が増加してモラルが低下するため、やがて凶悪犯罪が発生するという理論です。ニューヨークのジュリアーニ市長は割れ窓理論(Broken Window Theory)を応用し、1990年代にゼロ・トレランス(不寛容)政策を採用しました。具体的にはパトロールの警察官を増員し、落書き・万引き・違法駐車などの軽犯罪を徹底的に取り締まった結果、5年間で凶悪犯罪が約50%も減少したとされています。

割れ窓理論(Broken Window Theory)のお役立ち情報

割れ窓理論(Broken Window Theory)はネット社会に適用できるとも考えられます。荒らしが一件入ることで、サイト全体が荒れていくことはよくあります。したがって荒らしやスパムを見逃さない配慮が、サイトの質を維持することに繋がります。また独善的な内容、幼稚な表現、誤字脱字や読みにくい文章などは、読み手の反感を買って荒らしを招くことになりがちです。こうなればweb広告の効果としてはマイナスなので、早急に改善しなければなりません。割れ窓理論(Broken Window Theory)に従うなら、リンク切れなどの小さな不具合を見過ごさず、こまめに修正していくことで、予期した宣伝効果を実現しやすくなるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績