動的ページ

動的ページとは

インターネットサイトはHTMLで記述され、CSSでデザインされる方法が主流です。
ページに画像を貼り付けたり、文字にデコレーションするスタイルも一般的です。
リンクをクリックする等の方法でページを移動し、表示を切り替える方式を静的ページと言います。
動的ページは移動をする必要が無く、ページの内容を書き換える事が可能です。
利点は表示の早さが一つに有り、ページを全て読み込む必要が無いからです。
時間差で画像を読み込む手法も有って、必要に応じて後からデータを読み込む事が出来ます。
JavaScriptのAjaxで非同期通信を実現し、動的ページは一般的に普及する状況になったのです。
追加のプラグインが不要な点が大きなメリットで、ブラウザの標準機能で実現可能なのです。

動的ページのお役立ち情報

動的ページはページ全体に限らず、一部の表示を変更させる手段として使われています。
検索サイトの検索窓には文字補完機能が珍しく無く、ユーザーが入力している文字を予測してくれます。
入力途中で検索結果を表示する使い方も可能で、動的ページによる検索結果表示の早さが特徴的です。
Web上のメールサービスでは、一定時間毎に新着メールをチェックしてくれます。
ソーシャルネットワークサービスでも、新しい情報が動的に更新されるページ作りがされています。
ゲームプログラムも可能なJavaScriptで動的ページは実現出来ますから、ブラウザゲームには欠かせない存在として使われているのです。
動的ページは身近な技術として、ユーザーの利便性向上に役立っています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績