国別トップレベルドメイン

国別トップレベルドメイン とは

国別トップレベルドメインとは、インターネットを利用するさいに各国に割り当てられたトップレベルドメインのことです。トップレベルドメインは「.com」や「.jp」など、インターネットアドレスの最後に付く部分であり、文字数はおおむね3文字から2文字が主流ですが、近年は、4文字のものも登場しています。国別トップレベルドメインは、その国の略称が採用されることが殆どで、そのため日本の場合は「.jp」となっています。国別トップレベルドメインの場合、その国や地域に存在する団体または在住する個人であるという制限がある場合もありますが、実際には外貨獲得のために販売している国もあります。特にこれらのトップレベルドメインは、管理費用が安いこともあり、人気があります。

国別トップレベルドメイン のお役立ち情報

国別トップレベルドメインのうち、外貨獲得を目的として国外に販売しているものとして有名なのがトンガの「.to」やツバルの「.tv」が知られます。一方で、インターネット発祥国であるアメリカには国別トップレベルドメインとして「.us」わが割り当てられていますが、これは州政府関係を除けばあまり使われておらず、連邦政府機関などは「.gov」を使用しています。
またイギリスの場合には本来、「.gb」が割り振られていますが、一般には「.uk」が良く使われています。
これらの国別トップレベルドメインは国際規格であるISO3166によって国別に定義された都道府県や州といった地域のために割り振った地理情報符号化をもとにして作られています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績