国際化ドメイン名

国際化ドメイン名 とは

以前のドメイン名はアルファベットのみだったのに対し、今では日本語や中国語、アラビア語など、各地域の言語を使用することができます。このような英語圏でない文字を使ったものを国際化ドメイン名といいます。
国際化ドメイン名の内部はアルファベットで構成されているため、従来のドメインとの相互性もあります。その場合、国際化ドメイン名は見ただけでは意味のわからない長めの文字列になります。
自国の言語を使用しているため、見た目にわかりやすいのが特徴です。サイトの説明や企業の名前を直接ドメイン名に入れることができるので、これはどこのアドレスなのか、もしくはどんな情報が載っているのかを一目で理解することが出来ます。また、直接URLに打ちこむ際にも短くわかりやすくなるので便利です。

国際化ドメイン名 のお役立ち情報

日本語の国際化ドメイン名を例に挙げてメリットとデメリットを説明していきます。
メリットとしては、アドレスが目立つことが挙げられます。半角のアルファベットの中に全角の文字が入るので非常にインパクトがあります。検索をかけた場合、読みづらいアルファベットの羅列よりも自国の文字である日本語のURLの方が目につきやすくなるでしょう。
また、国際化ドメイン名はSEO効果も期待できます。検索数の多い関連キーワードをドメイン名につけることにより、検索上位に入りやすくなります。しかしアルゴリズムが変われば意味がなくなってしまうので、効果は不変ではありません。
デメリットは、海外向けには不向きという点です。読めない日本語表記のアドレスを見ても意味がわからないどころか怪しまれることもあるかもしれません。URL直接入力に関しても海外で日本語を入力するのは苦労しますし、覚えやすいという利点がここでは逆転してしまいます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績