売上5原則

売上5原則とは

売上5原則とは、売上を向上させる上で必要となる原則のことです。企業において、収益を上げるにはまず売上があること、そして売上を上げるためにかかった費用を差し引くことで、収益が確保されるのが基本です。

なお売上があり、費用を抑制すればするほど、利益も向上しますが、一番大事なのは売上の向上と費用の抑制の二つです。そして、この売上5原則は、費用の抑制よりも売上を向上させるための方法に密接に繋がるものです。

具体的には、その中身としては新規顧客の獲得、顧客の流出防止、購買頻度の向上、買上点数の増加、一点当りの価格の向上となっています。マーケティング分析をする上でも、上記の売上5原則は避けては通ることが出来ない原則であり、ネット上でECサイトを開設した場合でも十分適用できる原則となります。

売上5原則のお役立ち情報

売上5原則の中では、新規顧客の獲得では顧客を獲得できることが先決です。多くの売上の発展の基本は、顧客が拡大したことによる結果でもあるからです。

また獲得した顧客を継続的にリピートで購入してもらえること、顧客の流出防止が働けば購入頻度も上昇し、それだけ売上にも貢献します。現代では売上5原則の中でも重要で大切なのは、継続的にリピートで購入してもらえることです。

その理由はリピートされることは、すなわち安心・信頼感があることだからです。つまり、評判も良くなり口コミでも取り上げられる機会も多く、新規顧客の獲得にも繋がるのです。

また購入頻度や買上点数の増加まで相乗効果も生まれ、商品価値を生み出すことで、価格の向上にも耐えることが出来る商品へと成長するのです。売上5原則の指摘は、評判や口コミの重要性、ブランド力の向上までも網羅していると言っても良いでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績