多変量解析

多変量解析とは

多変量解析では、商売の世界では多くの企業が実施していることであり、このデータを元に、どのような戦略を立てていくかを決定しています。多変量解析というと、非常に高度な数学の知識を要するように感じてしまいがちですが、そのような数学の知識は必要ありません。むしろ、その状況から、どのような傾向を辿っていくのかということを、正確に分析する力が必要になってきます。商売の世界では、変数として考えられるのは、性別、年齢、年収、身長、体重、家族構成などです。様々な状況を視野に入れながら、検討をしていきます。また、変数が増加すると、傾向には無いようなデータが登場することがあります。多変量解析の中では、外れ値とも呼ばれており、この部分をよく検討していくと、もっと正確な分析が可能になります。

多変量解析のお役立ち情報

多変量解析は、正確に使用することで、大きな効果を発揮することになります。また、どのような商品がどのような客層にマッチするかなどの検討もできるようになります。多変量解析では、3以上の変数を扱うことが多いですが、わかりやすくするために2つの変数でも実行することが多いです。このような場合には、縦軸と横軸の数値の比較になりますから、見やすいグラフが完成します。そのときには、大まかな傾向をつかむことを意識しながらも、その集団に相関関係があるのか、ということを検討していきます。相関関係がはっきりと分析された場合には、その傾向は取り込みやすい傾向ですから、チャンスになります。一方で、傾向にばらつき画あるような状況では、更なる検討が必要になってきます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績