定量データ

定量データとは

定量データは数値によって計測、集計、分析が可能なデータのことで、すなわち数値化できるデータのことを指します。定量データは身近な場所にも存在しており、単純なものとして日々の収支を記載する家計簿なども定量データといえます。これらは一見するとただの数字の羅列でしかありませんが、分析することにより、日々どのような傾向で買い物を行っているのか、毎月どの程度の出費を行っているのかを知ることができます。
ビジネス面において定量データは、事業を展開しマーケティング戦略を行う上での判断材料となります。このさいに使われる定量データは、購買者層や見込み客の基本的な属性や、アンケートなどで得られた商品に対する情報などがその大量となります。

定量データのお役立ち情報

定量データは、データ単体ではなんの役にも立ちませんが、多数を集めて分析することによりその状況を探ることに利用できます。特にデータが収集しやすいウェブでは、盛んにその解析が行われています。例えばウェブサイトへのアクセスログを解析することにより、どのような人たちがウェブサイトにアクセスしているのかがわかります。またダイレクトメールやメールマガジンなどに記載されているアドレスをクリックした状況からユーザーが、どのようなものに興味があるのかを知ることができます。
またウェブの場合には定量データを集めやすいメリットもあります。これは街頭でアンケートを集めるのはかなり難しいですが、ウェブの場合は気軽に応じてくれる人が多くいるためです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績