市場占有率

市場占有率とは

市場占有率とは、各社の商品やサービスが市場においてどの位の顧客数や商品売上があるかの割合を指します。ここで述べた様に、市場占有率は地域単位や商品単位や販路単位や顧客層単位の各単位毎に評価されますので、市場占有率という1つの言葉とは言っても様々の捉え方があります。また、様々の企業活動の結果の評価ですから、各社の設備や人員には基本的には関係ない事になります。従って、企業設備の規模が大きいとか社員数が多いからといって常にが強者の立場でいられるとは限りません。また、地域単位や商品単位や販路単位や顧客層単位の全てで強者であるとは限りません。考える市場によってに弱者と強者の立場は入れ替わる場合も十分にあります。

市場占有率のお役立ち情報

この様に書くと、各カテゴリー毎にしろ市場占有率が大きい強者が常に更に市場占有率を高めて行く様に思われますが、世の中はそんなに簡単ではありません。逆に言うと、市場占有率の小さい弱者であっても、戦略によって市場占有率を拡大する事ができます。市場の強者と弱者がとるべきの戦略についてまとめられたものがランチェスターの戦略の理論です。ランチェスターの戦略の理論では、強者がとるべき戦略と弱者がとるべき戦略は全く異なります。強者が取るべき戦略は、市場の同質化、物量戦、遠隔戦ですが、弱者がとるべき戦略は、市場の差別化、一点集中主義、接近戦であり、両者は対照的です。ただ実際には、強者と弱者が完全に別れる事がない場合もありますので戦略は複雑になります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績