広告表示の最適化機能

広告表示の最適化機能とは

リスティング広告は、検索エンジンなどで検索されたキーワードに応じて、そのキーワードに関連した広告を表示する仕組みです。キーワードに関連した広告が表示されるため広告の効果が高いのが特徴ですが、リスティング広告では、そのキーワードに関連した複数の広告が表示されます。
広告表示の最適化機能は、この複数の広告が表示される状態において、パフォーマンスが高い広告を高頻度で表示してくれるシステムのことです。これは広告配信側が提供しているもので通常はその機能はオンになっています。しかし実際にはこの広告表示の最適化機能は、広告主が必ずしも望む動きをしてくれるわけではなく、最初からその機能を信頼して使うべきものではないとされています。

広告表示の最適化機能のお役立ち情報

広告表示の最適化機能は、システムが自動的にどのタイミングで広告を表示すべきかが判断されます。また広告表示の最適化機能では、タイミングのほかに効果が上がらない広告文の場合には配信を停止させるといった機能もあります。しかし、これらはシステムが自動的に行うため、必ずしも広告主が求める結果につながらない可能性も大きくあり、広告表示の最適化機能をオンにしている場合には、その広告の表示状況やクリック率などを監視しておく必要があります。
また、広告表示の最適化機能では、システムが自動で表示タイミングを行っているため、その広告文が正しく効果を発揮しているのか知ることが出来ません。そのため、効果を知るためには広告表示の最適化機能をオフにして広告を配信する必要があります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績