日本語ドメイン

日本語ドメインとは

日本語ドメインとは、国際化ドメイン名のうち、日本語で使われる漢字・ひらがな・カタカナなどを使って表現されたドメイン名です。サイトの内容が分かりやすく、覚えやすいアドレスとして人気が高まっています。商品名やサービス名を使うことで、すぐに伝えることができ、広告のあり方を大きく変える手段です。日本語ドメインを使うには、ドメイン名登録業者に有償で依頼します。
入力されたURLのうちのドメイン名の部分をPunycode変換によって英数字とハイフンの文字列に変換し、Punycodeでドメイン名登録されたサーバーへのアクセスします。ネームサーバーへの問い合わせやWebへのアクセスはソフトウェア側でコード変換して行います。

日本語ドメインのお役立ち情報

日本語ドメインに会社名や商品名を使用し、あらゆる場面で表記すれば、印象的にアピールできます。車内広告や街頭ポスターなどに掲載しておけば、覚えやすいアドレスとして記憶にとどめることができ、アクセスが期待できます。ネット検索でも、検索されたキーワードとアドレスが一致すれば、アドレスが強調されてアクセス数アップにつながります。
個人のブログやホームページで日本語ドメインを利用すれば、知り合いにも簡単に伝えられます。自分の名前のアドレスなら、自己紹介でも使えてアピールできます。
既にホームページアドレスがある場合には、ホームページ転送サービスも提供している業者を選べば、ホームページを作り変えることなく、日本語でアクセスできて便利です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績