検索エンジンスパム

検索エンジンスパム とは

検索結果の上位に自社のサイトを表示させるための施策をSEO(検索エンジン最適化)と呼び、インターネットビジネスで必須の対策です。検索の上位進出のために、検索エンジンのガイドラインから逸脱して行う過度のSEOを検索エンジンスパムと呼びます。ただし、検索エンジンの進化に伴い、それまで有効だった施策が検索エンジンスパムと判定される場合もあります。
明らかにスパムと見なされるのは、ロボット型検索エンジンのスパイダーにだけ読ませることを目的としたクローキングや、隠しテキスト、隠しリンクです。また、キーワードを不自然なほど多く入れるキーワードスタッフィングも、スパムと見なされます。ウェブ管理者は、これらの手法をとらないように注意する必要があります。

検索エンジンスパム のお役立ち情報

検索エンジンスパムはどのように判定され、ペナルティが課せられるのでしょうか。それぞれの検索エンジンでは、独自の内部基準でスパムを自動判定しています。悪質なスパム行為があった場合には、次回からのクロール対象リストから除外され、データベースからも削除されます。ページ単位、ディレクトリ単位の削除の他、ドメインごと削除されるケースもあります。それほど悪質ではない場合には、検索結果の上位に表示されないというペナルティになり、徐々に順位が下がったり、最下位付近まで順位が下がったりします。
最近では、スパム行為で上位に表示されることは不可能になりつつあり、検索エンジンスパムの判定についてウェブ管理者が必要以上に神経質にならなくてもよくなったと言われています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績