検索結果ページ

検索結果ページ とは

検索エンジンで、調べたい検索ワードを入力し、検索ボタンを押した時に表示されるページが検索結果ページです。
検索ワードと内容が一致したサイトに関する情報だけでなく、検索ワードと関連性がある広告等が一度に表示されるのが一般的です。
この際、検索ワードに合わせて表示される広告を、リスティング広告と呼びます。
広告を出す業者が、あらかじめいくつかの検索ワードを指定しておき、そのワード、もしくは近い言葉が検索されたら、そのワードの検索結果と同時に、検索結果ページに広告を出して貰うという仕組みになっています。
この際、指定したワード通りの検索でしか表示されないようにするか、曖昧な意味でも検索結果ページに出るようにするかで、広告の出方が大きく変わってきます。

検索結果ページ のお役立ち情報

検索結果ページに広告を表示する、リスティング広告を利用する際、表示されたページを意識しておく事が大切になってきます。
検索ワードと関連した言葉が表示されれば、それでクリックして貰えるかと言えばそうではありません。
検索結果ページの上部や右側に表示されるものは広告であると認識している人が多い為、簡単にはクリックして貰う事ができません。
だからこそ、その検索結果ページに表示される要約の部分で、人の心を掴むフレーズや説明を書いておく事が大切です。
検索結果として表示され、更にそこに魅力的な言葉が多く並ぶように意識をすれば、それによりクリックをして貰う事ができる確率が高まります。
ですから、リスティング広告を出す際は、要約にこだわる事が大切です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績