検索連動型広告

検索連動型広告とは

検索連動型広告とは、特定のキーワードでウェブ検索を行ったユーザーに対し、そのキーワードに関連した商品やサービスの広告を表示するインターネット広告の手法のことをいいます。
検索連動型広告では、あらかじめ広告主がキーワードを指定しておき、そのキーワードを検索したユーザーのみを対象として広告を表示することができるため、通常のインターネット広告の表示手法と比較した場合では、ウェブサイトへ訪問したり、実際に商品の購入やサービスの利用へと繋がる確率が高いのが特徴となっており、コストに対する収益性の高さからインターネットマーケティングにおける代表的な手法の一つとして広く普及しています。
なお、多くの検索連動型広告においては入札制が採用されており、広告主が高いクリック単価を設定した広告ほど上位に表示されるのが一般的です。

検索連動型広告のお役立ち情報

検索連動型広告はインターネットが広く普及し始めた時期に登場したもので、その仕組みは1997年にアメリカ企業の「ゴートゥードットコム」によって発明されました。
ゴートゥードットコムはその後大手検索サービスのヤフーに買収されましたが、同様のサービスはその後数多くの検索サービスに導入されるようになり、現在ではGoogle社をはじめとした世界中の検索サービスが検索連動型広告を表示するサービスを提供しています。
ただし、検索連動型広告はユーザーの立場から見ると検索結果と広告の区別がつきにくいケースや、他社の商標を無断使用するなどしてユーザーに広告をクリックさせる手口を用いる悪質なクリック詐欺業者が広告主となるケースも報告されており、こうした点については検索連動型広告の問題点となっています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績