標的市場

標的市場とは

標的市場は、企業がマーケティング活動をおこなうさいに対象とする市場のことです。
現在の市場の考え方としてセグメント(顧客層)と呼ばれるものがあります。セグメントは、各市場の中で共通のニーズを持っており、製品の認識や値段付け、使用方法から購買に至るまでのプロセスである購買行動が似通っている顧客層を指しており、標的市場とは、これから売り込みたい商品を購入してくれる購買層に対して商品の売り込みを行うというものです。
標的市場のメリットとしては限られた経営資源で効果的に自社の製品を売り込めることですが、デメリットとしては、その標的市場の設定が難しく、場合によっては売り込みに失敗するという点が挙げられます。

標的市場のお役立ち情報

標的市場は、企業が営業活動をする上で重要な考え方です。また新たに事業を展開したり、起業したての人にとっても事業を成功させる上で重要です。しかし、標的市場は、あくまでも数字やデータを総合的に勘案して、最終的にそこに売り込むというものであり、その仕組に絶対的なものはありません。主に参考にされるデータとしては、市場の規模、市場の成長、市場の競合状況、市場への参入程度などで、これらを勘案し参入するに有利な市場を設定することになります。また標的市場が決まってもその標的市場への参入の仕方も複数あります。主な参入の仕方としては、ターゲットとなるセグメントに活動を行うものや、特定のセグメントに集中して行うものなどです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績