消費者行動

消費者行動とは

消費者行動とは、消費者がサービスや商品を購入するときにどのような行動するかということです。場合によっては買ったものをどのように利用するのかまでが消費者行動となっていることがあります。
どれを、どこで、どのようにして、どれぐらいの量を、どれぐらいの頻度で購入したかなどを分析して利益へつなげます。
一番売れているのは何かやどの時間はどれが売れてるのかなど、多くの消費者行動を分析して、現在の流行や売れ筋、いままでの傾向から次に売るべきものは何かなどを導き出せば次はどのような経営戦略を立てるかということがしやすくなります。
消費者行動は消費者の気持ちを知り、何を求めているかを見つける材料の一つだと言っていいでしょう。

消費者行動のお役立ち情報

消費者行動を分析することによって、消費者に何を求められているのかがわかり、次へ繋がるサービスや商品開発がしやすくなります。
例として、朝は時間が無くて家で食事を取らずに出てきてしまう人が多いから簡単に食事ができるようにしようといった飲食店の戦略。
利用客は女性が増えてきているので女性をターゲットにした商品を開発しようなど、消費者行動を分析するからこそ次の戦略に繋がることが多いです。
ですが、実は消費者行動の基本には価格と所得を比べるというものがあります。
この場合には経済学的に十分な結果が得られるのですが、マーケティング的にも十分な結果が得られるかと言ったらそうではありません。
なので、消費者行動には心理学や人類学など、他の学問の観点から見ることも大切です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績