直帰率

直帰率とは

直帰率とは、webサイトの最初の1ページを見ただけで他のサイトへ移動したり、ブラウザを閉じたりする閲覧者の割合です。webマーケティングにおいては、いろいろなページを見てもらい、そこに載っている商品やサービスを紹介することが第一の目的です。ですからアクセス数が多くても、直帰率が高ければ十分な成果を上げているとは言えません。検索サイトやバナー広告からサイトを訪れた人は、そのサイト内の商品やサービスに興味を持っているはずですから、直帰してしまうのはサイトに何らかの問題があるということになります。これを改善するのがアクセス解析の目的のひとつです。アクセス解析によって、サイト全体またはページごとの直帰率を知ることができます。

直帰率のお役立ち情報

直帰率が高い理由としては、まずランディングページに魅力が乏しいことが挙げられます。これを改善するには、広告の内容に合わせたデザインを工夫したり、訪問者の属性に合わせて表示を変えたりする方法が考えられます。またリンク先が分かりにくくて、閲覧者が興味を持った商品やサービスが見つからないという場合もあります。このようなときは、サイト内検索やリンクメニューに手を加え、欲しい情報をすぐ引き出せるようにします。また検索キーワードや広告とサイトの内容が一致するように、ランディングページを整理し、場合によっては複数に分けることも必要です。こうしたランディングページ最適化の手法により、直帰率を下げることが可能になります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績