純広告

純広告とは

純広告は広告形態のひとつで、広告主が媒体の広告枠を買い取って、広告主側が制作した広告を掲載するものです。このさい広告主とは広告主自身のほか、広告主が依頼した広告代理店や下請けの広告制作会社なども含まれます。
純広告は本来の広告方法であり、現在も広告の主流としてよく目にするものですが、近年はより高い広告効果を得るためにさまざまな広告形態が生まれており、媒体側が広告を制作掲載する記事広告やタイアップ広告などがあります。
一方で、インターネット広告の場合には広告主側が、広告枠を媒体社から直接買い取り表示させるといった方法が純広告となりますが、実際には一つの広告枠に複数の広告または定期的に広告を変えて表示させるといった方法がとられます。

純広告のお役立ち情報

純広告のメリットは、特定の媒体の特定の枠に掲載することができることであり、短期間で周知させることができ、不特定多数の人にアピールすることができます。純広告の場合には、枠あたりの料金が高いため広告の内容によっては十分な広告効果を得られないこともあります。
一方で、インターネット広告の純広告の場合には紙媒体への純広告に比べて比較的、柔軟に表示を行うことができるため、効果が高いとされます。紙媒体の場合には、その閲覧者が制限されますが、インターネット広告の場合にはさまざまな世代へのアピールが行えますし、広告も文字や画像、動画などが選べ、時間指定や地域指定といった配信も行えるため、よりターゲットに近い人に広告をアピールすることができます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績