経験曲線

経験曲線とは

経験曲線は、ある特定の製品を生産しつづけることによって、その製品製造にかかるコストが低減されていく現象をグラフ化したものです。経験曲線以外にも学習曲線、習熟曲線とも言った呼ばれ方をし、それぞれに特徴がありますが、いずれにしても現場において生産し続けることにより生産性が向上することを説明するために考えだされました。
経験曲線は、将来の製品製造のコストを予測することができるため、商品価格の決定に大きく影響します。例としては生産開始時は1台あたりの利益が少なくても、一定台数を生産することができれば利益を拡大できると予想する場合などに使われます。また企業が成長していく上でもこの考えは取り入れられています。

経験曲線のお役立ち情報

経験曲線は、製品製造において良く使われており、特に自動車や家電製品といった一定数の販売を行う必要がある場合などには、この経験曲線は価格設定に大きく影響します。
一方で企業が成長していく上でも重要な考えのもととなっています。経験曲線は時間経過とともに蓄積されるものであるため組織内で機密が完璧に守られている場合には経験曲線は、その組織内での経験分しか向上しません。また技術力の面で劣りシェアが低い会社は、よほどのことがない限り、先行する会社に追いつくことができないなどがあります。一方で、競合企業間であっても人材や情報の交流が活発であれば、それだけ経験が縮まり、後発の会社が先行する会社に追随しやすくなります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績