薬事法(リスティング広告における薬事法)

薬事法(リスティング広告における薬事法)とは

インターネットなどを見ていて薬事法(リスティング広告における薬事法)という言葉を聞いたことがある方は少なくないでしょう。薬事法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品などの品質、有効性と安全性の確保のために規制を行うことをいいます。また指定薬物に関する措置や医療上で特にその必要がある医薬品と医療機器の研究開発の促進のために必要な措置をして保健衛生における向上をはかるという目的があります。薬事法(リスティング広告における薬事法)ではサプリメントやエステ関係、健康食品などの体に関係している商材が引っかかる可能性が高く、それらの商材に関しての記述には注意をしておく必要があります。また薬事法が原因で審査に落ちてしまった場合にはその記述部分を修正し、再審査を受けなくてはいけません。

薬事法(リスティング広告における薬事法)のお役立ち情報

薬事法(リスティング広告における薬事法)が原因で審査落ちをしてしまった場合でもその後でリスティング広告を出すことはできます。薬事法(リスティング広告における薬事法)では言葉の書き方次第で最審査に通るからです。例えば便秘が解消という書き方で審査に落ちてしまったとすると、これを別の表現に直すのです。例をあげるならば、毎日すっきりという表現に変えるなどです。もちろん、この際には薬事法に触れるキーワードはしっかりと削除しておかなくてはいけません。審査落ちしてしまったから諦めるというのではなく、審査に通るために一つ一つをチェックして改善していくことが大切なのです。薬事法が原因で審査落ちしてしまった時にはまず問い合わせてキーワードを確認することから始めましょう。

薬事法に特化した通販専門コンテンツマーケティングは株式会社ZERO

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績