費用対効果

費用対効果 とは

費用対効果とは、かけた費用に対して、どの程度の効果が出たかを示します。「このシステムは費用対効果が高い」ということは、システムの導入費用に対して、システムを導入したことによって得られた効果(人件費の大幅な削減、パフォーマンスの向上、作業時間の大幅な短縮)の方が大きいことを示しています。

何か新しいことを行う時には、費用対効果が高いか低いかでそれを行うかどうかを決定することがありますが、何が費用で何が効果なのかをきちんと決めておく必要があります。費用と効果が数値で算出できるようであれば、効果を費用で割った割合で効果を計り、数値が高いほど良い効果が得られると考えられ、その案を採用すれば、高い費用対効果が得られます。

費用対効果 のお役立ち情報

費用対効果はコストパフォーマンスとも呼ばれるとおり、費用(効果)に対して、どれだけの効果(パフォーマンス)が得られるかを表しています。
例えば、洋服販売のダイレクトメールの費用対効果を考えた時に、「ダイレクトメールの作成費」「発送数」「配達代」などが費用にあたり、効果は「洋服の販売数」になります。費用対効果の高いダイレクトメールは、どのターゲット層(男性か女性か、若年向けか高齢者向けかなど)に販売したいかを考え、そのターゲット層に効果的(魅力的)なダイレクトメールを作成し、送ることが必要です。その戦略をきちんと行うことができれば、少ないコスト(ダイレクトメール)で、高い効果(洋服の大量販売)を得られることに繋がります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績