質の低いコンテンツ

質の低いコンテンツ とは

インターネット検索は欲しい情報を得る為の手段ですが、質の低いコンテンツは多くの人にとって価値の無い存在です。
自動的に大量に生成されたコンテンツは、内容が似たり時にはまったく同じ内容だったりします。
機械的に生成された物は内容に一貫性が無く、人間によってチェックされていない事が質の低下を招いています。
宣伝目的で広告に誘導する為に作られたコンテンツは、内容に乏しく役に立たない質の低いコンテンツなのです。
他のコンテンツから無断で複製されたり、切り貼りして作られたコンテンツも役立たない物です。
こうした質の低いコンテンツは検索サイトにとっても好ましい存在では無く、検索結果の順位を下げたり除外される様に出来ています。

質の低いコンテンツ のお役立ち情報

質の低いコンテンツを研究する事は訪問者数を増加させる役に立ち、より充実した内容のコンテンツを作る事で実現できます。
検索サイトが質の低いコンテンツと判断する内容の逆のコンテンツを作れば、検索結果の上位に表示されるWebサイト作りが可能となるのです。
一般的な話題を他とは違う切り口で扱ってみたり、独自性の有る個性的な内容は価値を上げる魅力が有ります。
役立つ事を最優先に考えたWebデザインも価値を上げますし、使い易さを重視した設計も好まれる存在です。
価値は差別化や何かを追加する事で上げられますから、様々なWebサイトを研究して内容を作りこむ事が必要になります。
検索はキーワードと結果のマッチングが重要で、質の低いコンテンツは検索結果の品質低下を招く存在です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績