逆SEO

逆SEO とは

逆SEOとは、風評被害に遭っている場合に有効活用をされています。通常のSEOでは、検索結果を上位表示させることを目的として行いますが、逆SEOは、検索結果を後ろのほうに下げることを言います。風評被害に遭っている場合、インターネットなどに書き込みをされた悪口や事実と反することなどが検索結果に上位表示されないようにします。ユーザーがホームページやサイトを検索しようと検索エンジンで検索をしたときに、ホームページよりも風評が上位表示されてしまう状況を改善することができます。悪意のある風評被害や、悪意の無い風評被害も検索結果を下位表示させることが出来るようになります。企業のイメージダウンを防止することができます。

逆SEO のお役立ち情報

逆SEO対策を行う事で、悪口や批判など、企業のイメージを低下させてしまう書き込みや記事を表示させないようにできます。そしてSEO対策を適切に行うことで企業のイメージを良い物にして行き、集客効果を効率的にあげて売り上げを伸ばして行くことが出来ます。意図的な風評被害であっても、意図的では無い風評被害でもあっても下位表示にさせることができます。風評被害は、検索結果が上位表示されやすいのが特徴でもあるため、効率的に企業のイメージを損なわないようにSEO対策を実地することができます。SEO対策を行っている業者によっては逆SEOに対応した設備を用意していない業者もありますので、事前確認が必要になってきます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績