離脱率

離脱率とは

離脱率とは、サイトに訪れたユーザーが別のサイトに移動してしまう割合のことです。サイトを訪れた後に30分以上放置したり、他のページに移動したり、ブラウザを閉じてしまうことを指します。企業のサイトであれば、訪問者がカタログ請求や商品の購入などの最終成果に到達する前にページを離れてしまう率のことを言います。サイトのコンテンツを順番に見ていた人が別のサイトに移動したら、最後に見ていたページによって離脱率が計算されます。コンテンツの出口やエントリーフォームなどのページ離脱率は高くなるのが一般的ですが、普通のページで高くなっているような場合には訪問者をひきつけるようなページ作りが必要であると考えられます。

離脱率のお役立ち情報

この離脱率はなるべく低く抑えたいものです。そのためには離脱率の高いページを発見する必要があります。アクセス解析などを用いてページを見つけたら、そのページの何が悪いのか、どんな魅力が足りないのかを考え修正を加えていくことで率を低くしていくことができるのです。ユーザーはページに見る必要性を感じなくなると離脱する可能性があります。そこで情報が十分に提供できているか、商品やサービスの魅力が伝えられているかなどをチェックしてみることで改善されていきます。
また離脱率はGoogleAnalyticsなどの分析ツールを用いることで離脱者数を確認することができます。これはサイト全体の離脱率=サイト全体の離脱数÷サイト全体のページビュー数という計算式によって提供されています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績