1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)

1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)とは

1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)はハインリッヒの三角形また傷害ピラミッドとも呼ばれ1つの重大な労働災害が起きる背後には29個の軽い事故が存在し、その背後には300個のひやりとするような事故が存在するという経験則上の法則で、アメリカの損害保険会社の技術・調査部に勤務していた、ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが1929年に出版した論文の中で工場で発生した労働災害を統計学的に調べた結果、重症以上の災害が1、軽傷の災害が29、ひやりとする事故が300、さらに数1000件の不安行動と不安全状態が存在しているという結果になったことから1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)と言われています。

1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)のお役立ち情報

1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)はマーケティングに関係ないと思われるかもしれませんがこの法則は災害防止に有用で29個の軽い事故や300個のひやりとするような事故や数1000件の不安定行動と不安全状態をなくせば災害を防げるように、29個のお客さんから寄せられたクレームや300の外部からの苦情がないからそのままにしているものをなくせば大きな失敗も防げるということです。さらに1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)をさらに研究者が多くの事例を分析して新たな法則を導き出しています。その中の有名なのが1969年に発表されたバードの法則1975年に発表されたタイ=ピアソンの結果というものがあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績