5:25の法則

5:25の法則とは

5:25の法則とは、顧客離れを5%改善することによって、最低でも利益が25%改善する法則を示したものです。主に会員制のビジネスに用いられますが、既存の顧客を維持することは企業存続という点において重要な役割を担っています。
企業にとって新規顧客の開拓を行うより、既存顧客に対する売り上げを増加させるほうが利益を出しやすく、リスクも少なくて済みます。
また、既存顧客からの口コミや紹介によって新規顧客を獲得するケースも多く見られます。
顧客生涯価値という観点においても5:25の法則という考え方は重要で、市場競争の中において企業利益を向上させていくための重要な指標となります。
顧客ロイヤリティの向上は5:25の法則と深く結びつき、収益に大きな影響をもたらします。

5:25の法則のお役立ち情報

顧客満足度が高ければ、それだけで顧客離れを防ぐことができます。商品に対し、愛着や十二分な価値を見出した顧客は、有事があれば同一の企業を利用しようという意識を働かせるからです。
そういったロイヤリティの高い顧客を繋ぎ止めておくためには、更なる満足感を与える商品を提案していく必要があります。
それによって掛かる企業の負担は、新規顧客を開拓するために行う広告や事業展開に比べて随分と小さなものになります。
なぜならば、はじめから目を向けてくれている既存顧客が多く存在するからです。
見向きもしないユーザを相手にすることより、とりあえずでも一度目を向けてくれる既存顧客が存在する以上、リスクはぐっと小さくなりチャンスは大きくなっていきます。
これが、5:25の法則で言うところの収益が25%増加する、といった例です。
5:25の法則の法則はそういった事象を指し示したものであり、企業にとって指標となっています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績