5F ファイブフォースモデル

5F ファイブフォースモデルとは

5F ファイブフォースモデルとはアメリカの経営学者であるマイケル・ポーターが考えた、「競争戦略の5つの要因分析」のことと指します。5つの要因とは新規参入者、買手、売手、代替品、競争者が含まれます。5F ファイブフォースモデルは、これら5つの要因を理解し、市場の現在の利益性のルーツを明らかにする一方で、長期的に市場競争を予想し先手を打ち、影響を与える為のフレームワークを構築する事を可能にします。新規参入者は、現時点では競合になっていない今後現れるであろう新規参入者の脅威を示します。買手は、環境の変化により欠いての交渉力が変化することを示します。売手は、市場の特性や、複雑な流通経路の変化などが、サプライヤーの交渉力に大きく影響を及ぼすことを示します。代替商品、代替技術とは、新たな技術や商品に取って代わられる脅威を意味します。最後に、既存市場での競争者は、以上の4つを踏まえた、全ての競合を示します。

5F ファイブフォースモデルのお役立ち情報

5F ファイブフォースモデルは市場競争の要因を明らかにするセオリーです。既存の競合相手を越えて、広く競争を理解してい戦略家たちは広く競争力のある脅威を見出し、それに対抗する準備をしています。同時に、市場構造を理解する事は、機会・チャンスを明白にする事でもあります。例えば、消費者、サプライヤー、代替品、潜在的な参入者そして競合における違いは、より良いパフォーマンスを生み出す明確な戦略のベースになります。より開かれた競争、変化の激しい世界で、構造的に競争を考える事がこれまでよりも、重要になってきています。マネジャーとして、市場構造を理解する事は、投資家にも、同様に重要です。5F ファイブフォースモデルは、市場が本当に魅力的なのかどうかを明確にし、また、市場が実際に変化する前に、投資家が、その変化を予測し先手を打つ手助けをします。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績