ABC分析

ABC分析とは

ABC分析とは主に在庫整理に使われる分析方法であり、原材料や実際の製品の管理に使われています。他に重点分析ともよばれます。在庫の資産などを考えた分析方法であり、価値としての評価を段階的な管理手順として適用します。この方法は頻度に応じて分類をして管理効率を高めるパレート分析にも似ていますし、実際にパレート分析をABC分析と呼ぶ場合もあります。主に大規模な管理方法として採用されるもので、在庫が何千、何万もあるような製造業で頻繁に使われています。
資産価値を重要視した分類方法であり、原材料や仕掛り、実際に製品などをそれぞれの所要金額毎に分類します。単価だけではなく、単価×数量での金額で分類するため、高価格ほど高い価値があるのではなく、たとえ低価格であっても大量に動くもののほうが重要度が高いことになります。

ABC分析のお役立ち情報

ABC分析は多くの場合重要管理品目と中程度管理品目、そして一般管理品門に仕分けをして分類されます。管理手順では単価ではなく、単価に数量をかけた金額なので、重要管理品目に高価なものが入ってくるとは限りません。無論、管理するものに応じて大きく異なるものの、だいたいの場合は金額を昇順に並べてみると最初の10~20%の時点で所要金額の80~90%を占めます。ABC分析は重要管理品目をAクラスとして、中程度管理品目がB、一般管理品目をCクラスとして仕分けをするのが普通です。
しかしより細かい管理運用をしたい場合には手間はかかるものの、重要度の高いものをAAA、AA、Aなどと細かく仕分けすることもあったり、逆に重要度の低いものにD、Eを追加するなどして区分することもあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績