ASP

ASPとは

ASPとはApplication Service Providerの頭文字をとったものであり、その名通りアプリケーションソフトをサービスとして提供する事業者・人などを指します。ほとんどの場合ネットワーク上でのアプリケーションソフトをサービスとしたものを指します。広義の意味ではASPを利用したビジネスモデルなどを指す場合もあります。基本的にブラウザソフトを利用している人はASPを無意識のうちに使っています。
具体的にはブラウザソフトなどを用いてネットワークを経由後、ASPのサーバーにアクセス、格納されているアプリケーションソフトをサービスとして利用します。ASPという言葉自体1998年頃から使用されるようになったもので、事実一般ユーザーは知らない場合も多いですが、こうしたサービス携帯はネットワーク上で基本ともいえます。

ASPのお役立ち情報

ASPは非常に大きな意味を持ち、インターネットを利用している人はほぼ間違いなく利用しているといえます。ASPと似たような意味、もしくはAPSに含まれる類義語では同じくソフトウェアをサービスの形で提供するSaaS、従量制でサービス利用を支払うユーティリティコンピューティング、さらに最近人気を博しているクラウドコンピューティングなどもASPであるといえます。利用分野は非常に広く、一般顧客向けのサービス以外でも例えば給与計算や在庫管理、販売管理など企業内のサービスとしても広く利用されています。
専門的なソフトを用いることがなく、ネットに繋がったデバイス1台で簡単にサービスを利用することが最も大きなメリットといえます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績