BtoB(Business to Buisiness)

BtoB(Business to Buisiness)とは

BtoB(Business to Buisiness)とは、法人間で行われる企業間取引を意味します。BtoC(Business to Consumer)とは異なり、意思決定までに関わる人間が複数いる事、一度の取引単価が高額になるケースが多い事、相見積もり前提のことが多く、衝動買いが起きにくいのが、企業間取引になります。BtoB(Business to Buisiness)の企業として典型的なのが、部品や資源のサプライヤーと呼ばれる企業です。例えば、日産やToyotaといった大手車メーカーは、車の各部品を自社で製造しているケースは稀であり、多くはサプライヤーと取引しています。この場合、部品メーカーは日産やToyotaとはBtoBの取引先になます。世界的に有名な企業として、Boschなどが挙げられます。

BtoB(Business to Buisiness)のお役立ち情報

BtoB(Business to Buisiness) Marketingにおいて重視されるのが、relationship(関係)を、いかに効果的に効率的にマネジメントしていくかが重要になります。それは、BtoB(Business to Buisiness)の性質上、企業は市場において孤立するわけにはいかない為です。孤立しては、事業が立ち行かなくなります。効果的、効率的なマネジメントの必要性は、長期的BtoB(Business to Buisiness) relationshipの構築にあります。長期的relationshipの長所として、長期的な取引による安定した売り上げの確保と、コスト削減や優先的な取引からなる競争力の強化等が挙げられます。長期的関係構築には、様々な要素がありますが、主に言われているのが、信頼関係の構築によるところが多いようです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績