BtoC(Business to Consumer)

BtoC(Business to Consumer)とは

BtoC(Business to Consumer)とはビジネス用語の一つです。ビジネスの形態というと、一般的には生産者と消費者をイメージするでしょう。ビジネスの形態において、BtoC(Business to Consumer)とよく比較されるのがBtoB(Business to Business) です。BtoC(Business to Consumer)の代表例としては、私たちの生活に馴染みの深い食品が挙げられるでしょう。一方、BtoB(Business to Business)の代表例としては製造業のうち鉄鋼業などが挙げられます。この2つの大きな違いとしては、消費者が直接関係するかどうかという点があるでしょう。

BtoC(Business to Consumer)のお役立ち情報

BtoC(Business to Consumer)は、私たちがビジネスと聞いて一般的にイメージするものでしょう。食品などのように、最終消費者である私たちが直接手にするものを作っている形態のビジネスのことを業者から消費者へという意味を込めてBtoC(Business to Consumer)と呼んでいます。BtoC(Business to Consumer)の業者は直接消費者の目にさらされることから、BtoB(Business to Business)の業者に比べて知名度が高くなるでしょう。BtoC(Business to Consumer)の企業は有名である一方、消費者からのクレームや意見を受ける役割も果たさなくてはならないので大変な側面もあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績