BtoE(Business to Employee)

BtoE(Business to Employee)とは

BtoE(Business to Employee)とは企業対従業員間取引の意味で、Employeeという単語は雇用者を指すしています。企業から従業員に向けたコミュニケーション方法のことです。具体的な方法としては、企業が自社の従業員をターゲットとして考え、主にオンラインを介して社内向け販売や福利厚生、教育などをサービスを提供する意として使われています。BtoE(Business to Employee)のEは直接雇用されている人に限らず、その家族を含めたり、かつてはその企業で働いていたが、今は退職している人も対象にする場合が有り、個人に対してというよりは特定多数に向けたマーケティング方に成っています。

BtoE(Business to Employee)のお役立ち情報

BtoE(Business to Employee)は商売でありながら、福利厚生の一部として捉えることができます。インターネットや企業内のネットワークを活用する電子商取引の一種で、社員向けに自社製品を市場より割安で提供します。その企業に勤めることで割安で物品が入手できるというメリットが生まれます。

また対象となる商品は自社製品に限らず、提携している外部企業の商品やサービスである場合もあります。BtoE(Business to Employee)で外部企業の物を購入する場合、一括して大量に購入することで費用だけではなく管理にかかるコストも少なくしたり、配送にかかる手間も少なくなることもメリットになっています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績