CMS(コンテンツマネジメントシステム)

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とはウェブ上のコンテンツを構築する際にソースコードのみならず、各種コンテンツを統合して管理、更新を行うシステムのことであり、別名コンテンツ管理システムとも呼ばれます。2005年から一般的に普及したとされるCMS(コンテンツマネジメントシステム)ですが、現在では非常に様々な種類が出ています。日本で最も一般的なのはWordPressやMovableTypeなどのブログを主に管理するシステムですが、それら以外にも豊富な種類があります。
主にソフトウェアのことを指していう場合もありますが、狭義の意味ではレンタルサーバーのプロバイダが提供しているHTMLなどの知識がない人であっても簡単にWebサイトを作ることが可能になるものもCMS(コンテンツマネジメントシステム)ということができます。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)のお役立ち情報

CMS(コンテンツマネジメントシステム)には一般的に汎用性の高いものが知られていますが、企業・自治体向けのCMS(コンテンツマネジメントシステム)では特定の目的に特化しているものも多くあります。個人用Webサイトなどでもよく利用されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)ですが、時間管理や、ワークフロー、その他にも様々なシステムにより作成方法の統一化を実現しやすく、複数人でWebコンテンツを構成する比較的大規模なものではさらに効果を発揮します。
最近ではスマートフォンやタブレット端末の普及によりソースコードを1から打ち始めていくとそれぞれのデバイス用の最適化される一つのWebサイトを構築するのに多大なコストがかかるため、生産性の高さを求める傾向にあり、CMS(コンテンツマネジメントシステム)はより注目を浴びています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績