CSR(企業の社会的責任)

CSR(企業の社会的責任)とは

今日の企業活動において、企業は利益追求を手段とし永久に存続する事を目的としています。しかし、こうした社会の背景として、企業のCSR(企業の社会的責任)と利害関係者や株主、そして社会全体とは密接に関係しており、それを無視した企業は信用を失うなど、そうなれば存続できない環境に陥っていくことも考えられます。また、企業のCSR(企業の社会的責任)はコンプライアンスやISOなど法律や国際基準や国際基準がある中でそれを前提とし、環境問題や地域の活性化などへの貢献などを企業自ら活動や行動を実施し、また社会に対して配慮する必要があります。そうした企業の前向きな取り組みが社会に望まれています。そうして、社会と共に成長していく企業が求められてるのです。

CSR(企業の社会的責任)のお役立ち情報

CSR(企業の社会的責任)は企業の自主的な責任を果たすという意味ですが、これは時にコンプライアンスなどと混合する事があります。企業の自主的責任に対して、コンプライアンスは法令の遵守を目的としています。では、CSR(企業の社会的責任)は、広義な意味での社会の要請や要望に応えるべく物であり、例えば良い商品が発売できても、環境に悪い物質を垂れ流しているなどの企業は社会の悪影響として捉えられ、信用を失うと言う事ができます。そうならないためには、しっかり自社の技術的なものから心情的なものそして社会的な影響を考えて、経営していくことが求められています。それを遂行していくことで、地域社会からのイメージの向上や様々なメリットがあるとされています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績