CVO(コンバージョンオプティマイザー)

CVO(コンバージョンオプティマイザー)とは

CVO(コンバージョンオプティマイザー)とはあらかじめ設定したCPAで豊富なコンバージョン数を実現するための機能です。CVO(コンバージョンオプティマイザー)では1度のコンバージョン時にいくらまで払うことが可能か上限額を設定、もしくはコンバージョン時に支払う平均額を設定します。CVO(コンバージョンオプティマイザー)では過去の情報に基づいて広告が掲載候補にあがるたびに、クリック単価を計算します。
従来までの方法とは違い、入札単価をいちいち手動で設定する必要がなくなるため、入札単価を管理する手間を最小限に抑えることに繋がります。また、機械的に収益性の高いクリックを獲得するようにされているため、より信頼性の高いものになっています。

CVO(コンバージョンオプティマイザー)のお役立ち情報

CVO(コンバージョンオプティマイザー)は主にGoogleのAdWords広告に使われる技術です。従来広告というと物理的なものが多かったのですが、例えば建物の看板に広告を張る行為は非常に金銭がかかるものであり、ネット上の広告掲載はよりコストをかけずに、手軽に、さらに最近ではCVO(コンバージョンオプティマイザー)に代表されるように機械的に掲載されるものが多くなっているため、広告を掲載する事業者等は気軽に利用することができます。
広告にはとにかく会社名や商品を多くの人に見てもらいたいという場合やクリック重視でCVO(コンバージョンオプティマイザー)ではその名の通りコンバージョン率を重視しているため、直接的な成果に直結しやすいです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績